ラメラ構造を整えるコラーゲン化粧品の選び方・使い方

ラメラ構造とは角質層を構成している構造のことです。角質層では無数の角質細胞が整然と並びつつ層を形成しています。そして細胞の隙間に水分や油分が存在して潤いやハリ、ボリュームが保たれているのです。

保湿成分の減少で肌内部まで刺激が侵入

コラーゲン化粧品口コミ人気ラメラ構造

さらに同じく細胞の隙間にはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)が存在しています。

 

それらが水分を保ち、ラメラ構造を維持する役割を担っているのです。

 

セラミドは細胞間脂質とも呼ばれており、角質細胞同士をつなぎ合わせる役割を担っています。

 

この整然と並んだ角質細胞に水分と油分が保たれている環境が維持されることで肌に潤いやハリがもたらされるとともに、紫外線をはじめとした外部からの刺激が肌の奥にまで侵入してしまうのを防いでいるのです。

 

しかし老化や過度な紫外線のダメージ、肌に負担をかけてしまうスキンケアなどの原因が積み重なっていくにつれてこのラメラ構造に乱れが生じていきます。

 

先ほど挙げた保湿成分が減少していくことで水分を保ちにくくなり、細胞間脂質が減少することで角質細胞同士の結びつきが緩んでしまう…その結果整然としていたラメラ構造が乱れてバラバラの状態になってしまうのです。

 

適度な隙間を作っていた角質細胞の間隔が結びつきが弱くなることで開いてしまうとそこから水分がどんどん蒸発して失われてしまいます

 

ただでさえ保湿成分が減少しているところにこの状態が重なると肌の乾燥が加速してしまうのです。

リポコラーゲンラメラエッセンスCはコラーゲンをナノカプセル化

ラメラエッセンスC

さらに開いた隙間から紫外線をはじめとした外部からの刺激が肌の奥深くにまで侵入してダメージを大きくしていきます。

 

紫外線が角質層の奥にある真皮層にまで達してしまうとそこで肌を支えているコラーゲンを壊してしまいます

 

そしてたるみやシワといった年齢肌のトラブルの原因を作ってしまうこともあります。

 

となるとラメラ構造をいかに維持し整えることができるかがエイジングケアの重要な鍵といえます。

 

対策としてはセラミドをはじめとした保湿成分を補うのがもっとも基本的な方法となるため、多くのエイジングケア化粧品には保湿成分が配合されているのです。

 

リポコラーゲンラメラエッセンスCではこの基本的なラメラ構造の対策方法を踏まえつつ、さらに進化した処方を取り入れています。

 

コラーゲンの分子を変えることなく特殊なナノカプセルに配合することで浸透性をアップし、角質層の内部でラメラ構造の一部となって修復する作用を備えているのです。

 

浸透性に難があるコラーゲンは分子量を小さくした形で配合されていることが多いのですが、このリポコラーゲンラメラエッセンスCではそのままのサイズで浸透させることでラメラ構造を修復する優れた効果を実現しています。

 

保湿対策によるエイジングケアからさらに一歩進んだケアへ、たるみやシワ、乾燥が気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

口コミと効果で選んだコラーゲン化粧品人気ランキング>>

年齢肌が気になったら使ってみたいコラーゲン化粧品

スキンケア ジェル NMバランス
ニッピコラーゲン

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
たっぷり2週間お試し2,829円相当→1,100円・税込(初めての方限定!)
更に詳しく見てみる!>>

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

5000万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,180円→3,850円・税込 ※初めての方限定
定期コース初回2,090円・税込
更に詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲンを足すだけでなく作る力も育てる!美容のプロが選んだ無添加美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター(化粧水)3000円付)
更に詳しく見てみる!>>