コラーゲン配合美容液の選び方・使い方

美容液の目的は有効成分を補うことですから、コラーゲン配合の製品を選ぶ場合にもしっかりこの成分を補うことができるかどうかが最大のポイントになります。そしてコラーゲンの効果を引き出すことができるか、せっかくコラーゲン配合の美容液を使っているのにそのメリットを十分に得られていない、といったことは避けなければなりません。

分子量を小さくしたコラーゲン配合美容液がおすすめ

コラーゲン配合美容液の選び方・使い方

そんなコラーゲン配合美容液選びではまずどんなコラーゲンが使われているのかをチェックしておきましょう。

 

コラーゲンに関しては浸透性が重視されます。分子量が大きいためそのまま配合しても角質層の奥にまで浸透せず、十分な効果が得られない可能性もあるからです。

 

この点に関してはナノ化やペプチド化といった技術で分子量を小さくすることで浸透性を高めたうえで配合した製品がオススメです。

 

また、現在化粧品や健康食品に使用されているコラーゲンには豚皮由来のものと魚由来の2種類がありますが、魚由来のコラーゲン(マリンコラーゲン)の方が浸透性に優れているため、製品をチェックする際には確認しておくとよいでしょう。

 

また分子量を工夫して配合している製品もあります。単に分子量を小さくするだけでなく、異なるサイズのコラーゲンを配合し、角質層のすみずみにまで行き渡るよう配慮しているのです。

 

分子量が細かいコラーゲンは角質層の奥にまで浸透し、大きなコラーゲンは表皮近くにとどまって潤いを保つ。こうしたコラーゲンのメリットを最大限に活かせる工夫がとりいれられているかどうかも見ておきたい部分です。

コラーゲン配合美容液を使うポイントは化粧水とうまく組み合わせること

コラーゲン配合美容液の選び方・使い方

そのうえで他の成分との相乗効果も意識してみましょう。コラーゲンは保湿成分として配合されることも多く、その際にはセラミドやヒアルロン酸と一緒に補うと相乗効果が得られます

 

また、レチノールやビタミンC誘導体、FGFといった成分には体内のコラーゲン生成を促す働きがあるため、外からコラーゲンを補いつつこれらの成分で生成量を増やせば一石二鳥、コラーゲンの減少・不足を効率よく補っていくことができるでしょう。

 

使い方のポイントとしてはまず化粧水とうまく組み合わせること。まず化粧水で洗顔後の肌を整え、美容液が浸透しやすい環境を整えてましょう。そして乾燥やバリア機能の低下が気になる方はクリームでセラミドを補い、保湿対策を高める使い方もお勧めです。

 

美容液ではコラーゲン対策をメインに行ったうえでクリームで保湿ケアを補うといった役割分担も意識してみるとよいかもしれません。選び方と使い方の工夫ひとつでコラーゲンのメリットをさらに引き出すことができるはずです。
口コミと効果で選んだコラーゲン化粧品人気ランキング>>

年齢肌が気になったら使ってみたいコラーゲン化粧品

スキンケア ジェル NMバランス
ニッピコラーゲン

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
たっぷり2週間お試し2,829円相当→1,100円・税込(初めての方限定!)
更に詳しく見てみる!>>

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

5000万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,180円→3,850円・税込 ※初めての方限定
定期コース初回2,090円・税込
更に詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲンを足すだけでなく作る力も育てる!美容のプロが選んだ無添加美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター(化粧水)3000円付)
更に詳しく見てみる!>>