コラーゲンとは?

コラーゲンの成分とその役割

美容成分として知られるコラーゲン。最近では関節痛対策をはじめ広く健康に役立つ成分としても注目を集めるようになっています。しかし決して新しい成分ではなく、もともとわたしたちの体内に存在している成分です。

体内のタンパク質の30%を占めるコラーゲン

コラーゲンとは

コラーゲンとは簡単に言えばたんぱく質の一種。体内にはおよそ10万種類ともいわれるたんぱく質が存在していますが、その中でももっとも多く、全体の30パーセントほどを占めているのがコラーゲンです。

 

ですから肌だけでなく骨や筋肉、関節などさまざまな部分に含まれており、体の健康維持に重要な役割を担っているのです

 

このコラーゲンはアミノ酸が結合して作られたもので、繊維状のものがらせん構造を作ることによって成り立っています。

 

美容方面においてはこのらせん構造のコラーゲンが真皮層内を網の目のように張り巡らされることによって肌を支え、ハリを維持している点がとくに重要です。

 

加齢によってコラーゲンが減少したり、紫外線のダメージによって機能が損なわれてしまうとシワやたるみといったトラブルが生じてしまうのです。

コラーゲンにはラメラ構造を維持する働きも

コラーゲンとは

またコラーゲンは他にもさまざまな機能を備えています。たとえば細胞と細胞をつなぎ合わせる機能。

 

角質細胞同士をつなぎ合わせることで整然としたラメラ構造を維持し、保水力とバリア機能を維持する作用をもたらします。

 

この角質細胞の構造に関してはセラミドに代表される細胞間脂質が重要な役割を担っていますが、コラーゲンもその働きをサポートする大事な存在なのです。

 

またカルシウムを骨とつなぎ合わせる働きも担っており、コラーゲンが不足しているといくらカルシウムを摂取しても丈夫な骨が作られにくくなります。これは子供の成長だけでなく骨粗しょう症の対策でも大きな意味を持ってきます。

 

このようにコラーゲンは健康・美容方面に幅広く役立つ成分です。スキンケア製品やコラーゲンサプリメントで補うことでこれらの効果を得ることができるでしょう。

 

ただし、一度に大量に摂取してしまうと体内で消化されずにそのまま排泄されてしまうなどの問題がでてきますから、あくまで適量と栄養バランスを踏まえたうえで活用していくことが大前提です。
口コミと効果で選んだコラーゲン化粧品人気ランキング>>

コラーゲンと肌との関係は?

コラーゲンの肌への働き

コラーゲンがスキンケア製品によく使用されている背景には肌に対してさまざまな効果を発揮する点が理由として挙げられます。

保湿成分セラミドをサポート

コラーゲンの働き

肌との関係ではまず角質層において保湿効果として役立つ点でしょう。

 

加齢によって乾燥が加速していく理由の一つがコラーゲンをはじめセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が角質層から失われていくことなのです。

 

保湿成分としては細胞間脂質のセラミドがもっとも重要といわれていますが、コラーゲン、ヒアルロン酸はそのセラミドをサポートし、角質細胞を修復しつつ保湿力を改善する効果を発揮するのです。

 

保湿効果と深く関わってくるのがバリア機能の向上です。バリア機能が低下していると紫外線の影響を受けやすくなり、肌へのダメージが大きくなります。

 

そのダメージから皮膚を保護するためにメラニン色素の生成量が増加するとシミやくすみの原因となり、活性酸素の生成量が増加すると老化が進んでしまうわけです。さらに後述する真皮層に存在するコラーゲンとエラスチンに影響が生じるのも厄介な点です。

角質層の奥の真皮層の7割がコラーゲン

コラーゲンの働き

角質層の奥にあるのが真皮層。この層の7割をコラーゲンによって占められていると言います。

 

ここにあるコラーゲン繊維がエラスチンによって束ねられる形で真皮層全体に網の目のように張り巡らされることで肌を支えており、ハリや弾力を維持しています

 

しかしコラーゲンが減少してしまうと肌を支える力が弱くなり、重力に屈する形でたるみやシワが増えてしまうのです。

 

さらにバリア機能の低下によって紫外線の影響が真皮層にまで達するようになるとそのダメージでコラーゲンとエラスチンが破壊されてしまうことでハリと弾力が低下することもあります。

 

さらに真皮層のコラーゲンが減少するとターンオーバーが乱れ、新しい肌と古い肌の入れ替わりがスムーズに行われにくくなることでシワやたるみ、くすみといったトラブルが起こりやすい状態になってしまいます。

 

こうしてみてもコラーゲンはいかに肌の健康状態や若さの維持に深く関わっていることが窺えます。

コラーゲン化粧品にはどんなものが配合されている?

コラーゲン化粧品の配合成分

スキンケア製品やサプリメントなどコラーゲンを配合した美容・健康関連の製品が多数市場で売られています。

 

どれもみな「コラーゲン」という名称が使用されているわけですが、実際には原料によって特徴が異なっており、それが製品の価格や効果とも深く関わっています。

動物由来と魚由来の2種類に分類される

コラーゲンの原料

コラーゲン商品は大きく動物由来と魚由来の2種類に分けることができます。

 

原料となる生き物からコラーゲンを抽出するわけですが、どんな生き物に含まれているかでコラーゲンの内容にも違いが出てくるのです。

 

一昔前までは動物由来、とくに豚由来のコラーゲンが広く使用されていました。製造コストが安く済むこともあって製品化に適していたのもその理由です。

 

しかし最近では動物由来のコラーゲンは体内への吸収率があまりよくないことが明らかになっています。摂取したコラーゲンは胃腸で分解されたうえで吸収されていくのですが、その吸収効率は魚由来の7分の1程度といわれています。

 

動物由来に代わって現在コラーゲン商品の主流となっているのが魚由来のコラーゲンです。

 

先述のように動物由来に比べて体内への吸収率がよく、より高い効果が期待できるのがその理由です。またスキンケア製品によく配合されるマリンコラーゲンも魚由来のコラーゲンのことです。

魚由来のコラーゲンにも様々な種類が

コラーゲンの原料

ただし、魚由来といっても原材料はさまざまです。

 

たとえば魚皮から抽出されたコラーゲンとウロコから抽出されたコラーゲンでは価格も効果も異なり、魚皮の方が価格が高い分効果も期待できるといわれています。

 

ウロコは硬いので抽出が難しく、不純物などが含まれています。

 

そのためそれを除去するための加工処理を行う必要があるのですが、作業の過程でコラーゲンが変質してしまうのがその理由とされています。

 

またすっぽんなども広い意味で魚由来のコラーゲンとして扱われることもありますから、原料をよく確認したうえでどれだけの効果が期待できるのか、高い製品は安い製品に比べてどれだけメリットが期待できるのかといった点を比較してみるとよいでしょう。

コラーゲンが原因で引き起こされる病気とは?

コラーゲンの増加と減少による病気

保湿効果やターンオーバーの改善、肌のハリ・弾力の向上といった効果で知られるコラーゲンですが、肌だけでなく体全体に存在しており、健康上にさまざまな影響を与えています。

 

そのため加齢によってコラーゲンが減少すると肌トラブルだけでなくさまざまな病気を引き起こすこともあります。

コラーゲン不足による骨粗鬆症と変形関節症

コラーゲンと病気

高齢化を迎えた現代社会で注意が必要なのが骨粗しょう症と変形関節症です。コラーゲンはたんぱく質の一種であり、骨の生成にも深く関わっています。

 

そのため減少することで骨の原材料が不足して密度が低下してしまう恐れがあるのです。骨粗しょう症に関してはエストロゲンの減少も深く関わっているため、更年期の女性はとくに注意が必要です。

 

変形関節症に関しては加齢による軟骨の磨耗が大きな問題となります。

 

長年膝の関節を使用し続けたり、スポーツやケガなどによって過剰な負荷がかかると軟骨が磨り減ってしまい骨と骨との間でクッションの役割を果たせなくなってしまいます。

 

その結果骨同士がぶつかるなどして関節が変形し、激しい痛みや歩行困難などの症状が起こってしまうのです。コラーゲンはこの軟骨の原材料となるため、ヒアルロン酸やグルコサミンとともに変形関節症対策の重要な鍵として注目を集めているのです。

 

こうした肌だけではなく体全体にもたらす減少の影響も考慮に入れたうえでコラーゲンの補充を行っていきたいところです。

コラーゲンが多すぎても病気を引き起こす

コラーゲンと病気

一方、増加によって多すぎると病気を引き起こす可能性が近年の研究によって指摘されるようになっています。

 

まず肝硬変。この病気は肝機能に障害が起こることによって生じるものですが、その過程でコラーゲン繊維が合成され、それが蓄積することによって肝臓が線維化してしまうのが直接の原因です

 

ですからコラーゲンが多すぎると肝硬変のリスクが増加するのではないか、との説が有力視されています。

 

それから肺繊維症状。こちらは肺の上皮組織がコラーゲンに置き換わってしまうことで硬くなり、呼吸困難をきたす病気です。まだ研究途上の病気でコラーゲンの増加との直接的な関係は十分に解明されていませんが、関わりが指摘されている状況です。

 

このように、多すぎても少なすぎても病気を引き起こす可能性があるコラーゲン。日々の健康のためには賢く付き合っていくことが重要なのでしょう。

コラーゲンサプリによる副作用の症状とは?

コラーゲンの過剰摂取とリスク

コラーゲンはもともと体内に存在している成分です。それも肌だけでなく筋肉や軟骨、骨など全身のさまざまな部位に存在しているため、安全性が非常に高い成分とされており、サプリメントやスキンケア製品において広く使用されています。

 

ただ、100パーセント安全というわけではなく、ごく稀にですが副作用が生じることもあります。

コラーゲンの過剰摂取で疱疹ができることも

コラーゲンの副作用

よく見られるのが疱疹です。コラーゲンサプリを摂取し始めたら体中に疱疹ができはじめた、というケースも見られるのです。

 

この疱疹に関しては一時的な症状とアレルギー症状の2種類があるので注意が必要です。大半は前者のケースで、一度にたくさんのコラーゲンを摂取しすぎた影響で体がそれに対応できずに疱疹という形で以上が現れることがあるのです。

 

サプリメントは手軽に摂取できる分どうしても過剰摂取に陥りがちなので正しい用量・用法を守った上で活用していきましょう。

 

後者のケースでは「後天性表皮水泡症」の疑いがあります。コラーゲンに対する自己抗体の影響で自己免疫性の皮膚疾患が現れることもあるのです

 

放置したり悪化すると皮膚に炎症が進行することもあります。ただ滅多に起こる症状ではないのでそれほど心配することはありません。

肝硬変や肺線維症を引き起こす可能性も

コラーゲンの副作用

コラーゲンが体内に蓄積しすぎると肝硬変や肺繊維症といった病気を引き起こす原因になるとの意見も近年の研究によって出てきました。

 

これも滅多にない症状ですが、コラーゲンの過剰摂取にはやはり注意が必要なのでしょう。とくにアルコールが好きで肝臓に負担をかけやすい方は注意しておいた方がよいかもしれません。

 

このように、コラーゲンは基本的には安全な成分ですが、ごく稀に副作用やアレルギー症状が現れることもあります。

 

この点も頭に入れた上で正しい摂取方法を心がけましょう。

 

またコラーゲンばかりを摂取しても体内にうまく吸収されずにそのまま排出されてしまう恐れもあるため、ビタミンCなど他の成分とうまく組み合わせて活用していくこともこの成分を安全かつ効果的に役立てていくうえでのポイントです。

ビタミンCはコラーゲンにどう役立つの?

コラーゲンとビタミンCの相乗効果

コラーゲンともっとも相性のいい成分といえばやはりビタミンCです。この2つの成分をどれだけうまく活用できるかがスキンケアの鍵を握るといっても過言ではありません。

ビタミンCはコラーゲン生成サポート効果が

ビタミンCとコラーゲン

まずビタミンCには優れた抗酸化作用が備わっています。

 

老化の原因となる活性酸素を除去する効果によって若々しい肌を維持する効果が得られます。

 

コラーゲンは30歳前後を境に老化の影響で減少していきますから、ビタミンCの抗酸化作用が非常に重要な意味を持つのです。

 

さらに重要なのがコラーゲンの生成を促す作用です。コラーゲンは角質層において保湿成分として機能するだけでなく、真皮層において肌のハリと弾力、ターンオーバーを維持する働きも担っています。

 

スキンケア製品でコラーゲンを肌に塗布した場合、その効果が及ぶのは角質層のみといわれており、真皮層にまでは届きません。

 

そのため真皮層のコラーゲンが減少してハリの低下やターンオーバーの乱れが生じている場合には体内での生成量を増やす対策の方が効果的なのです。

 

ビタミンCにはコラーゲンを作り出している繊維芽細胞の働きを活性化させる作用があるため、コラーゲンの生成量の増加に役立つのです。

ビタミンCにはコラーゲンを増やすことで美白効果も

ビタミンCとコラーゲン

ビタミンCを補うことで肌の老化を防ぎ、コラーゲンを増やすことでターンオーバーを活性化させる。

 

この2つの成分による効果をうまく機能させることによってほとんどの肌トラブルを改善へと導くことができます。

 

また、ビタミンCには美白成分としての作用も備えていますが、その作用によってシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制しつつ、コラーゲンの作用でターンオーバーをさせればシミの予防・除去の効果を高めることもできます。

 

ビタミンCは安定性と浸透性にやや難点があるため、他の物質と結合されたビタミンC誘導体の形でスキンケア製品に使用されるのがほとんどです。

 

またコラーゲンは浸透性を高めるためナノ化などの技術で低分子化されたうえで配合されるケースが増えています。

 

こうした浸透性や処方の違いなども踏まえてうえでこの2つの成分をうまく活用できるスキンケア環境を整えていくとよいでしょう。

ヒアルロン酸はコラーゲンにどう役立つの?

コラーゲンとヒアルロン酸の相乗効果

ヒアルロン酸といえばスキンケア製品でコラーゲンと一緒に配合されていることが多い成分の代表格です。似た効果を備えているだけでなく相性もよく、併せて摂取することで相乗効果も期待できます。

ヒアルロン酸は保湿効果で水分の減少を防止

ヒアルロン酸とコラーゲン

最大のポイントは保湿効果でしょう。

 

年齢を重ねると気になるようになる肌の乾燥。その原因はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった角質層に含まれている保湿成分の減少にあります。

 

これらの成分が失われることで水分を保持する能力が低下し、水分が失われやすくなることで乾燥が加速していくのです。

 

そのため保湿対策では減少したこれらの成分を外から補っていくことが重要な鍵となりますから、単独の保湿成分だけを補うのではなく、減少した成分をうまく補っていく必要があります。

 

そこてヒアルロン酸とコラーゲンが併せて配合される機会が多くなるのです。

 

また、この2つの成分の相性の良さは高齢者の関節痛対策でも発揮されます。ヒアルロン酸とコラーゲンはどちらも加齢によって磨耗・損傷した関節部分の>軟骨を修復する効果を備えているのです

 

クッション性が損なわれて骨に衝撃が伝わりやすくなった状態を改善し、膝の痛みを和らげ、歩行機能の回復に役立ってくれます。

 

この2つの成分だけでなく軟骨の原材料となるコンドロイチン、グルコサミンといった成分を併せて補うとさらに相乗効果が期待できます。

ヒアルロン酸の保湿力はバリア機能の改善にも

ヒアルロン酸とコラーゲン

もうひとつ、ヒアルロン酸による保湿力の向上は肌のバリア機能の改善にも役立ちます。

 

バリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすくなってしまいますが、その結果角質層の奥にある真皮層のコラーゲンが破壊されてしまい、ハリの低下からシワ、シミといったトラブルの引き金となります

 

そのため抜群の保水力を備えたヒアルロン酸による保湿力とバリア機能の改善は真皮層のコラーゲンの保護にも役立つわけです。

 

現在注目されているプロテオグリカンのようにコラーゲンとヒアルロン酸の両方を増やす美容成分もあります。

 

こうした成分も活用しつつ、この2つの保湿成分を十分に補える環境を築いていきましょう。

コンドロイチンとグルコサミンはコラーゲンにどう役立つの?

コラーゲンとコンドロイチン・グルコサミンの相乗効果

コラーゲンが美容だけでなく広く健康に効果を発揮する点が注目されていますが、そんな健康対策の際に合わせて摂取すると相性のよさを発揮する成分がコンドロイチンとグルコサミンです。

 

とくに高齢者の関節痛対策に優れた効果が期待できるため、高齢化社会が進行している今後の社会でますます重要さを高めていくといわれています。

コンドロイチンとグルコサミンは関節の軟骨の材料に

コンドロイチンとグルコサミン

コンドロイチンとグルコサミンといえば関節の軟骨の材料となる成分として有名です。関節には骨と骨との間でクッションの働きを担う軟骨があります。

 

この軟骨が正常に機能していれば何の問題もないのですが、加齢による磨耗、衝撃やケガによる損傷によってクッション性が失われると骨と骨同士がぶつかるなど問題が生じるようになるのです。

 

そのまま進行すると関節部分が変形してしまい、歩くのも困難なほど激しい痛みを抱える恐れもあります。この変形関節症は決して珍しい病気ではなく、高齢者の大半に症状が見られるようになります。

 

そのため、軟骨の原材料となるコンドロイチン・グルコサミンを補うことで磨耗・損傷した部分を修復し、クッション性の回復効果を得ることができるのです

 

さらにコラーゲンには細胞間の結びつきを強める働きがあるため、この2つの成分と併せて摂取することで軟骨細胞の修復効果を高めることができます。

グルコサミンはコラーゲンの生成をサポート

コンドロイチンとグルコサミン

もうひとつこれらの成分の相性のよさを示すポイントがグルコサミンによるコラーゲンの生成をサポートする効果です。

 

コラーゲンは外から補うだけでなく体内での生成を促すことが重要といわれていますが、グルコサミンにはそんなコラーゲンの生成を促す効果もあるのです。

 

つまり併せて摂取することでコラーゲンがグルコサミンの効果をアップさせ、グルコサミンがコラーゲンの量を増やすという相互補完関係が成り立つというわけです。

 

関節痛は60歳前後くらいから現れ、70歳を過ぎる頃から急速に進行していくといいます。その予防・対策としてこれらの相性の良い成分をうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

カルシウムはコラーゲンにどう役立つの?

コラーゲンとカルシウムの相乗効果

コラーゲンと相性のよい成分として忘れてはならないのがカルシウムです。

 

ビタミンCなどに比べるとあまり注目されることがないコラーゲンとカルシウムとの相性ですが、お互いを補い合うことで健康な体作りに役立てることができます。とくに中高年の女性にとっては骨粗しょう症の予防に重要となる組み合わせです。

骨作りにはカルシウムとコラーゲン

カルシウムとコラーゲン

カルシウムは骨の原材料として広く知られています。子供の頃には発育を促すために牛乳などでカルシウムをしっかり摂取することが推奨されます。

 

しかし実際に骨を作るためにはカルシウムだけでは不十分で、コラーゲンのサポートが不可欠なのです。

 

コラーゲンはカルシウムと骨を結びつける働きがあります。そのため併せて摂取することで骨を作るカルシウムの効果を最大限に発揮し、密度が高い丈夫な骨作りに役立ってくれるのです。

 

骨がもろくなるとちょっとした転倒や激突などの衝撃で骨折しやすくなりますし、中高年になると骨粗しょう症のリスクが生じます。

 

中高年の女性はただでさえエストロゲンの減少によって骨の密度が低下しやすく骨粗しょう症を予防するためにも丈夫な骨作りが重要になってきます。

 

また年代を問わず現代人の女性の大半はカルシウム不足といわれているため、コラーゲンが減少をはじめる30歳前後くらいから急激に骨の密度が低くなっていきます。それを防ぐためにも相性の良いカルシウムとコラーゲンをうまく活用していくことが求められます。

ストレス対策にも効果をもたらす

カルシウムとコラーゲン

もうひとつ、間接的な関係になりますが、カルシウムは脳の興奮を防ぐことでストレス対策にも効果を発揮します。

 

ストレスはビタミンCを消費され、体の老化を進めてしまう大きな要因、そしてコラーゲンの減少をもたらす要因ともなります。

 

そのためカルシウムを補うことでストレス対策はもちろん、体の老化コラーゲンの減少の予防にも効果が期待できるのです。

 

このように、両方がお互いを補い合う関係にあるカルシウムとコラーゲン。健康だけでなく美容においても相性の良い成分なのです。

コラーゲン化粧品を選ぶ時のポイントは?

コラーゲン化粧品の選び方

コラーゲンはさまざまな化粧品に配合されています。スキンケアの基本ともいえる保湿や肌のハリの改善に重要な役割を担っている成分のため、乾燥肌向けからエイジングケアまで欠かせない存在となっているからです。

 

しかしコラーゲンが配合されている化粧品でもその種類や処方に違いがあるため、それをよく見極めることが上手な選び方の基本となります。

コラーゲン化粧品を選ぶ時は浸透性重視

コラーゲン化粧品の選び方

まずコラーゲンの基本的な知識として知っておきたいのが浸透性です。コラーゲンはもともと分子が大きく、肌に浸透しにくいという問題点を抱えています。

 

そのためコラーゲンをそのまま配合しても角質層の表面近くにしか浸透せずに十分な効果が得られないことも多いのです。

 

そこでメーカー側ではナノ化や加水分解といった技術を施すことによって従来のコラーゲンよりも分子量を小さくして浸透性の向上を図っています

 

それぞれのコラーゲン化粧品の分子量がどの程度なのか詳しくチェックしてみるとよいでしょう。

 

またこの点に関してはもう一歩踏み込んで高分子と低分子の両方を配合している製品も見られます。

 

分子が大きいコラーゲンは表皮近くに留まり、分子が小さいコラーゲンは奥まで浸透することで角質層全体に行き渡らせるためです。一つの製品に複数のコラーゲンが配合されていることもありますから、この点もよく見ておきたいところです。

化粧品に含まれるコラーゲンの原料も確認

コラーゲン化粧品の選び方

もうひとつ、配合されているコラーゲンがどんな原材料から抽出されたものなのかも見ておくとよいでしょう。

 

現在市場に出回っているコラーゲンはおもに牛由来、豚由来、魚由来の3種類あります。また、魚由来の中にはすっぽんなど特殊な原料を使用したものもあります。

 

この中でもっとも効果に優れているといわれるのが魚由来のコラーゲン。とくに体内の吸収率に優れているため、現在主流となっています。

 

このように、コラーゲンといってもさまざまな種類や処方があるため、コラーゲン化粧品はひとつとして同じものはありません。

 

どれを選ぶかによって相性や効果も異なってきますから、事前よく確認しておくとよいでしょう。

 

コラーゲン化粧品とサプリの併用でどんな効果がある?

コラーゲン化粧品とサプリの相乗効果

コラーゲンサプリと併用すると相乗効果が期待できる化粧品やサプリもあります。せっかくコラーゲンサプリを使用するならスキンケア全般でその効果を最大限に得られる工夫をしていきたいところです。

ビタミンCサプリとビタミンC誘導体化粧品は相性抜群

コラーゲンとサプリ

もっとも相性が良いのがビタミンCのサプリメントとビタミンC誘導体が配合された化粧品です。

 

ビタミンCは体内でコラーゲンの生成を促す作用があるため、コラーゲンサプリと併用することで補いながら増やすという相乗効果が期待できるのです。

 

また、ビタミンCには体の老化を抑制する抗酸化作用が備わっています。

 

紫外線による体の老化を防ぐのはもちろん、紫外線による真皮層のコラーゲンへのダメージを防ぐ意味でもぜひともうまく併用したい成分です。なお、同じくコラーゲンの生成を促す成分にはビタミンEやレチノールなども挙げられます。

 

それからプラセンタ。アミノ酸やビタミン、ミネラルといった豊富な栄養価を誇っているだけでなく、グロースファクター(成長因子)を備えているこのプラセンタは皮膚細胞の働きを活性化させてターンオーバーを促す効果があります。

 

コラーゲンサプリメントと併用することで乱れたターンオーバーを改善し、シミやシワ、たるみといったさまざまな肌トラブルの予防・対策に役立てていくことができます。プラセンタが配合された化粧品とコラーゲンサプリをうまく組み合わせてみましょう。

減少する保湿効果を補う対策も必要

コラーゲンとサプリ

コラーゲンは肌の保湿にも重要な役割を担っています。

 

とくに30歳を過ぎる頃からコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が体内から減少していきますから、それらを外から補っていく対策が求められるようになります。

 

コラーゲンだけを補っても十分な効果が得られないため、セラミド、ヒアルロン酸も補充していくことも重要です

 

コラーゲンは安全性が高く、副作用についても現在のところ報告されていません。

 

他の成分との併用の禁忌や相互作用といったものもありませんから、今回取り上げた成分をうまく組み合わせて相互作用を目指していくとよいでしょう。

 

どんな食べ物にコラーゲンが含まれている?

コラーゲンを含む食材

コラーゲンはサプリメントやスキンケア製品だけでなく日々の食生活においても摂取していくことが可能です。

 

もともとこの成分は美容だけでなく健康に欠かせない成分ですし、高齢化社会の進行に伴い関節痛対策への効能も注目を集めていますから、食べ物でもうまく補っていきたいところです。

動物性の食べ物はコラーゲン摂取しやすい

コラーゲンの多い食べ物

コラーゲンとはたんぱく質の一種ですから、基本的には動物性の食材に含まれています。

 

大きく分けると動物性と海洋性の2種類があり、どちらかという動物性の方がより身近な食べ物として接する機会が多くなります。

 

もっともコラーゲンを効率よく摂取できる食べ物として知られているのが鶏の手羽先です。鶏肉なのでカロリーも少なめ、ヘルシーな食材としてオススメです。

 

他には牛スジ、豚足も肉類でコラーゲンを摂取できる選択肢として挙げられます。ただし注意したいのは調理の際にコラーゲンが煮汁に溶け出てしまうため、食べる際にはできるだけ汁も一緒に食べるよう心がける点です。

 

豚骨ラーメンにもコラーゲンが豊富に含まれているのでやはり汁まで残さないようにしましょう。

海洋性の食べ物の代表は鮭

コラーゲンの多い食べ物

一方海洋性の代表格は鮭です。コラーゲンが含まれる食べ物の中ではもっとも身近な存在でしょう。

 

ただしとくに多く含まれているのは皮なのでこの部分を残す習慣がある方は注意した方がよいでしょう。頻繁に食べるというわけではありませんが、身近な食材としてはうなぎも挙げられます。

 

他にはフカヒレ、スッポン、くらげ、エビなど高級食材に分類されるような食べものにも豊富に含まれています。日常的に摂取するのは難しいかもしれませんが、頭に入れておくとよいのではないでしょうか。

 

もちろん、こうした食べ物ばかりを食べるのはよくありません。コラーゲンは過剰摂取でも副作用が起こりにくい成分ですが、肝心の栄養バランスが崩れてしまう恐れがあります。

 

あくまでバランスの取れた食生活の中でうまく取り入れていくようにしましょう。カロリーが高めのものもあるので体重や中性脂肪値、コレステロール値などにも注意しておきたいところです。

 

吸収率を高めるコラーゲンの摂り方や工夫って?

効率の良いコラーゲンの摂り方

コラーゲンを摂取する場合には吸収率が重要なポイントになるとよく言われます。

効果を得たい30分〜1時間を目安に摂取

コラーゲンの吸収率

食事やサプリメントで摂取する場合はそもそも体内に吸収されなければ意味がありませんし、もともと分子量が大きく体内に吸収されにくい点もよく知られています。

 

それだけに摂取する際にはいかに吸収率を高めることができるか、を意識しておく必要があるのです。

 

まず摂取するタイミング。薬ではありませんから、とくにこの「この時間帯に摂取しないと効果が得られない、副作用を抱える恐れがある」といった問題はありません。

 

ただコラーゲンが体内で分解され、吸収されたうえでさまざまな効果を発揮することを考えるともっとも吸収されやすい時間帯に摂取するほうがよいことになります。

 

この点に関してはいくつかの研究データがあり、コラーゲンが吸収されるのは摂取から30分〜1時間程度の間が最大のピークであることが明らかになっています。

 

つまりもっともコラーゲンの効果を得たい時間帯の30分〜1時間を目安に摂取すればよいということになります。

 

そしてコラーゲンをもっとも必要とするのはいつか?この成分は肌の生成を促し、真皮層のハリや角質層の潤いをもたらす働きがあります。

相乗効果が期待できる成分と一緒に摂取

コラーゲンの吸収率

そもそも肌を構成する重要な成分なのですから、肌がもっとも活発に作られている時間帯に体内にしっかり補うことが求められるわけです。よく知られているように就寝中にはホルモン分泌とターンオーバーがもっとも活性化します。

 

ですから就寝前に合わせて摂取するのがもっとも効果の高い方法と考えられているのです。

 

ただ就寝前にお腹に食べものが入った状態だと眠っている間に消化が必要になるので内臓が十分に休めない恐れがありますし、ドリンクの場合は途中でトイレに行きたくなって目を覚ましてしまう恐れもあります。

 

それを防ぐためにも就寝の直前ではなく1時間くらい前を目安にするとよいでしょう。

 

もうひとつ、一緒に摂取すると相乗効果が期待できる成分と併せて摂取する工夫もお勧めです。

 

たとえば体内でのコラーゲンの生成を促すビタミンCと併せて摂取することで肌の再生を促すことができますし、たんぱく質と併せて摂取すればエネルギー不足に陥ってせっかく摂取したコラーゲンがエネルギーとして消費されて失われてしまうといった問題もなくなります。

 

後者はとくにダイエットでたんぱく質を控えがちな方に注意してほしいポイントとなるでしょう。あとは毎日継続して摂取し続けること。短期間での効果を期待せず、地道に美容・健康に役立てていくようにしたいものです。

 

コラーゲンとゼラチンって何が違うの?

コラーゲンとゼラチンの特徴

ゼリーなどでおなじみのゼラチン、お菓子作りが好きな方にとってはおなじみですが、じつはこれはコラーゲンから抽出されたものです。

ゼラチンはコラーゲンと水が溶け合わさった状態

コラーゲンとゼラチンの違い

コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、これを長時間水と一緒に加熱することでうまく溶け合わさるようになります。このコラーゲンと水が溶けあわさった状態がゼラチンなのです。

 

あの独特のプルプルした感触はたんぱく質と水が結びついたことで成り立っているわけです。

 

コラーゲンを使って作られている、ということはゼラチンでコラーゲンを摂取できるじゃないか?と考える方も出てくるでしょう。

 

そのとおりでゼラチンは肌にもよい食材でターンオーバーの活性化や若々しくハリのある肌作りに役立つといわれています。おいしいだけでなく体にもよいわけです。

 

ゼリーやババロアといったゼラチンを使った食材はカロリーもそれほど高くないのでダイエット中の方にもお勧めのお菓子ですが、意外な形で役立ってくれる部分もあるわけです。

 

ゼラチン、つまりゼリーやババロアといったお菓子でコラーゲンを摂取できる!となるとわざわざコラーゲンが配合されたサプリメントを購入する必要がないじゃないか、という考えも出てきます。

吸収率と効果に大きな違いが見られる

コラーゲンとゼラチンの違い

ゼリーはそれほど高いお菓子ではありませんから、わざわざお金を出してサプリメントを摂取するのに抵抗を感じてしまいますし、錠剤やカプセルなど味気ないサプリメントよりもおいしく食べられるゼラチンのほうがいいと思うのもごく自然というものです。

 

しかしゼラチンはコラーゲンから作られているわけですが、まったく同じというわけではありません

 

それは先ほど触れた「加熱して作られている」点が深くかかわっています。水とうまく溶け合わさることができるのも加熱処理によって細かく分解されたことによるものです。

 

細かくなったのなら吸収されやすくなっていいじゃないかと思う方も多いかもしれませんが、この加熱による処理はもともとコラーゲンを形成していたアミノ酸のペプチド鎖という構成が壊されてしまうため、コラーゲンをそのまま摂取したときと同じだけの効果を得るのは難しいと考えられています。

 

また、細かくなったといってもコラーゲンがサプリメントに配合される際に施される低分子化に比べるとまだまだ大きく、体内への吸収率はそれほど高くありません。

 

このように、コラーゲンとゼラチンでは摂取した際の吸収率と効果に大きな違いが見られます。

 

とくにサプリメントで摂取する場合とゼラチンを比較した場合とでその差がはっきりします。そのため残念ながらサプリメントの代わりにゼリーやババロアでゼラチンを摂取して美肌ケアを、というわけにはいかないようです。

 

コラーゲンの分子量、小さいと何がどういいの?

コラーゲンと分子量の関係

コラーゲンといえば分子量についてよく話題になります。とくにスキンケア製品ではナノ化などの技術で分子量を小さくして配合されたものが多く、その効果で浸透性がアップした点がアピールされているのです。

コラーゲンは分子量が小さいほど浸透

コラーゲンの分子量

ではこのコラーゲンの分子量とはいったいどのようなものなのでしょうか?小さくすることでどのような影響が出てくるのでしょうか?

 

スキンケア製品でコラーゲンを摂取した場合、表皮から角質層へと浸透していくことになります。

 

この角質層では無数の角質細胞が並びながら層をなす構造となっており、その間にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、天然保湿因子(NMF)といった成分が存在し、角質細胞を結びつけながら水分を保ったり紫外線をはじめとした外部からの刺激から肌を守っているのです。

 

ですからスキンケア製品で補う有効成分の分子量が大きいとこの角質細胞と角質細胞の間にうまく浸透することができず、跳ね返されてしまうような状態になるのです。

 

コラーゲンはヒアルロン酸とともにこの分子量の問題を抱えており、角質層のすみずみにまで浸透させたいと思ったら分子量を小さくして角質細胞の間にうまく浸透していける環境を作る必要があるわけです。

コラーゲン化粧品選びでは分子量も重要

コラーゲンの分子量

一方、サプリメントや食事で体内に取り入れる際にはどのように体内に吸収されるかが重要なポイントです。

 

いくら栄養分を摂取しても体内に吸収されなければ意味がないからですが、コラーゲンの分子量が大きいと吸収しにくく、また時間がかかってしまいます。

 

分子量の大きさがどれだけ影響を及ぼすかについては専門的な研究も行われており、コラーゲンの分子量が5000程度の場合に比べて300程度の場合のほうが血中の濃度が高い、つまり多くのコラーゲンが吸収されていたという結果が出ています。

 

分子量が大きいほど吸収に時間がかかるだけでなく吸収そのものがうまくいかなくなってしまうわけです。

 

コラーゲンの通常の分子量は300000といわれており、製品化の場合には先述のようにかなり小さな分子量にした状態で配合されています。

 

またそれがスキンケア製品やサプリメントで摂取する上での最大のメリットともなっています。

 

わざわざサプリメントを買わなくても食事で摂取すれば大丈夫、と考えている方も多いかもしれませんが、こうした点で大きな差が出てしまうことがあるのです。

 

こうした分子量をめぐるポイントを見るとコラーゲンが抱えている問題点が見えてきます。

 

美容・健康両面にこの成分を役立てていく場合には分子量にもチェックした上でできるだけ効率よく摂取していける環境づくりが求められるでしょう。

 

コラーゲンを体内で生成するためにはどうしたらいい?

体内でコラーゲン生成する方法

美容・健康でコラーゲンをうまく活かしていく上で非常に大きな問題となるのが「補うだけでは十分ではない」点です。

体内での生成を促すケアも欠かせない

コラーゲンの生成

スキンケア製品やサプリメントで補っていくことももちろん重要なのですが、この成分は補うだけではなく増やすことも同じくらい重要だと考えられています。

 

そもそもコラーゲンは体内に存在しているばかりか、体内に存在するたんぱく質の中でももっとも含有量が多いものです。とくに肌の含有量が多く、真皮層にいたっては主成分にもなっています。

 

これらのコラーゲンは体内で生成される形で維持されているわけですから、その生成が加齢などの影響で減少してしまうと肌のハリの低下、たるみ、シワといったトラブルが起こりやすくなります。

 

減少していく分をすべて外から補うのは難しく、体内での生成を促すケアも欠かせないのです。この点は他の美容成分と大きく異なる点です。

 

また、スキンケア製品で有効成分を肌に直接補っても浸透するのは角質層まで、真皮層にまでは届かないため、ハリの低下やたるみ、シワなど真皮層のコラーゲンの不足が大きな原因となっているトラブル対策では生成を増やさないと思うような効果が得られないという問題もあります。

生成そのものを促す方法と生成に必要な原材料を確保する方法

コラーゲンの生成

では生成するためにはどうすればいいということになるわけですが、ポイントは2つあります。

 

生成そのものを促す方法と、生成に必要な原材料を確保する方法です。

 

前者の場合では繊維芽細胞という細胞をいかに活性化できるかが鍵となります。この細胞でコラーゲン、さらに真皮層でコラーゲンとともに肌を支えているエラスチンが作られているため、働きが低下すると減少してしまうのです。

 

ビタミンC、レチノール、FGF、フラーレン、プラセンタエキスといった成分にはこの繊維芽細胞を活性化させる働きがあるのでスキンケアで積極的に補っていくと効果的です。

 

また保水力とEGF様の効果を備えたプロテオグリカンにもコラーゲン生成を促す働きがあるのでお勧めです。

 

もうひとつは原材料を確保する方法です。コラーゲンはたんぱく質ですから、アミノ酸を摂取すると生成を促すことができます。

 

またコラーゲンそのものもいったんアミノ酸に分解されたうえで再合成される際の材料になります。

 

またたんぱく質が不足しているとエネルギーを作り出す際にコラーゲンを使ってしまうため、せっかく補った分が失われてしまうこともありますから、エネルギー源としてのたんぱく質も不足しないよう心がけましょう。

 

「補うだけではなく増やす」。コラーゲンとうまく付き合っていく上での鉄則です。

 

コラーゲンが不足すると体や肌はどうなるの?

コラーゲン不足による影響

コラーゲンが不足するとどのような影響が生じるのか?

美容だけでなく体全体の健康にも影響

コラーゲンの不足

コラーゲンを補うとどんな効果が得られるのか、についてはスキンケア製品やサプリメントでよく見かけますが、不足した場合の影響に関してはあまりよく知られていない面もあります。

 

何しろ全身に存在している成分ですから、不足は美容だけでなく体全体の健康にも及ぶのです。

 

美容ではまず肌のハリの低下が大きな影響としてあらわれます。角質層の奥にある真皮層では繊維状のコラーゲンが網の目状になってエラスチンとともに肌全体を支えています。

 

この大事な真皮層の7割がコラーゲンによって構成されているため、不足すると支える力が低下してしまうのです。

 

肌のハリの低下がシワ、たるみといった年齢肌がかかえる厄介なトラブルの原因を引き起こします。

 

この点こそ、エイジングケアにおける最大のポイントであり、補うだけでなく体内で増やすケアが求められる理由でもあります。

 

さらに肌の乾燥を引き起こす点も厄介な影響です。

 

角質層では保湿成分としての役割も担っており、セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)などと一緒に角質層内で水分を保つだけでなく角質細胞が並ぶ構造を維持する役割も担っています。

 

そんな角質層のコラーゲンが不足すると角質細胞同士の結びつきが低下し構造に乱れが生じるほか、水分を抱え込むのが難しくなり蒸発を招いてしまうのです。

関節痛の原因や筋肉量の減少に繋がる

コラーゲンの不足

しかもコラーゲンが減少をはじめる30歳前後はセラミド、ヒアルロン酸も減少をはじめる時期のため、これら全部が減少していくことで急速に乾燥やバリア機能の低下を招いてしまうこともあります。

 

単に肌が乾燥しがちになるだけにとどまらずバリア機能の低下によって紫外線のダメージを受けやすくなり、活性酸素の増加によってますます老化を加速してしまう問題も引き起こします。

 

この2つが美容の観点でコラーゲンの不足がもたらす最大の問題点です。ほかにも体にもたらす影響も見逃せません。たとえば血管の生成にも深くかかわっているため不足すると血管が弱くなってしまいます。

 

その結果血行不良を起こしやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞といった病気のリスクを高めるほか、血液を通して酸素と栄養が全身にいきわたりにくくなることで肌のターンオーバーの低下、免疫力の低下といった原因にもなります。

 

近年注目を集めている影響では関節部分にある軟骨が減少することで関節痛の原因になる点が挙げられます。軟骨にもコラーゲンが含まれているからです。

 

ほかにも筋肉量の減少や腱の強度と柔軟性の低下といった問題も見逃せない影響です。

 

こうした点を見ただけでもいかにコラーゲンが美容・健康両面で重要な役割を担っているかがうかがえるのではないでしょうか。

 

コラーゲン生成の仕組みと紫外線・糖化によるコラーゲンの分解とは?

コラーゲン生成の仕組み

コラーゲンといえばスキンケアやサプリメントなどで補うことが多い美容成分の代表格ですが、もともと体内に存在している成分でもあります。しかも体内に含まれているたんぱく質の中でももっとも含有量が多く、皮膚はもちろんのこと筋肉や腱、関節など前身のあちこちにあり、健康を維持するために重要な役割を担っています。

コラーゲン生成細胞の働きが低下するのが原因

コラーゲン化粧品口コミ人気体内生成

こうした体内に含まれているコラーゲンは外から補われるだけでなく、体内で生成されることでまかなわれています。

 

つまり美容・エイジングケアでも外から補うだけでなく、体内での生成を促すことで美肌や肌のハリ、弾力などの対策を行っていくことができます

 

このコラーゲン生成におけるポイントとなるのが繊維芽細胞です。皮膚にも存在しているこの細胞がコラーゲンを生成、ハリや保湿を保っているのです。ところがこの繊維芽細胞は年齢を重ねるにつれてその働きが低下し、コラーゲンの生成量も低下してしまいます

 

その働きは早くも20代には低下しているといわれ、40代前後から急速に落ちていきます。40代段階でピークの半分以下、60代にもなると4分の1以下になってしまいます。

 

これは体内のコラーゲンの含有量とかなり重なるところからも肌の状態にいかに大きな影響をもたらしているかが窺えるというものです。

 

ただこの繊維芽細胞の働きやコラーゲンの生成には加齢だけでなくさまざまな要素がかかわってきます。

余分なたんぱく質と結びつき他の成分に変化

コラーゲン化粧品口コミ人気体内生成

とくに注意したいのが紫外線のダメージ。紫外線を浴びると活性酸素が増加することはよく知られていますが、それによる細胞の酸化(老化)が繊維芽細胞の活動の低下をうながしてしまうのです。

 

さらには紫外線が角質層を通り越して真皮層にまで達してしまうとそこで肌を支えているコラーゲン繊維を破壊してしまいます。

 

その結果として肌のハリ・弾力が失われてたるみやシワといったトラブルの原因を作ってしまうのです。

 

もうひとつ近年注目されているのが「糖化」と呼ばれる現象です。体内で余分になった水分がたんぱく質(コラーゲンも含む)と結合することでAGEsという物質が作られ、それが蓄積することで肌の黄ばみなどの悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

当然コラーゲンが別の物質に変化してしまうので含有量が減少してしまうことになるのですが、この糖化現象は40代以上、老化が進むにつれて活発になっていきます。

 

近年ではさらに加齢とともにコラーゲンを分解する酵素の存在も明らかになっています。こうして見てもコラーゲンを減少させてしまう要素があちこちにあり、それを防ぐためには幅広いアプローチが求められることが窺えます。

 

体内でコラーゲンを作る力を育てるにはどうしたらいい?

コラーゲン生成を活性化させる方法

加齢とともに減少していくコラーゲン。それがシワやたるみ、乾燥といった肌トラブルの大きな要因となるだけにエイジングケアにおける重要なポイントです。老化が深くかかわっているだけに現象を完全に減らすことはできませんが、老化を防ぎながら体内でコラーゲンを増やすための対策を取り入れていくことでエイジングケアの効果を大幅に高めていくことも可能です。

原料となるたんぱく質やアミノ酸が摂れる食事を

コラーゲン化粧品口コミ人気体内生成

そんな体内でコラーゲンを作る力を育てるうえでまず大事なのが日ごろの食事と栄養摂取です。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種ですから、原料となるたんぱく質が不足していると十分に作られません。

 

よく「コラーゲンを摂取しても直接美肌には役に立たない」といわれますが、そうだとしても原料となるたんぱく質とアミノ酸は欠かせないのです。

 

ダイエット中はとくにたんぱく質を控えてしまう傾向があるだけに注意したいところです。

 

栄養摂取以上に重要なのが繊維芽細胞の活性化です。

 

エイジングケアの分野ではよく知られるようになりましたが、体内にある繊維芽細胞という細胞の活動によってコラーゲンが作られており、これを活性化することで生成量を増やすことができます。

 

この細胞も老化の影響を免れることはできず、40代を過ぎると急速に活動が低下しコラーゲンの減ってしまう原因となります。それを防ぐためには繊維芽細胞を活性化させる成分をうまく補っていくケアが役立ちます。

 

具体的にはレチノールやビタミンC、ナイアシン、プラセンタ、FGFなど。

 

食事で摂取できる成分もあればスキンケア製品で補う必要がある成分もありますからそれぞれの成分を相応しい形で補える環境づくりを心がけてみましょう。

ホルモンバランスを整えて生成減少を予防

コラーゲン化粧品口コミ人気体内生成

とくにレチノールは繊維芽細胞を活性化させる効果に優れているのでオススメです。

 

あとは生活習慣のちょっとした工夫でコラーゲンを作る力を育てることもできます。40代を過ぎた女性ではとくにホルモンバランスに注意しましょう。

 

月経周期をコントロールしているプロゲステロンとエストロゲンの2つの女性ホルモンのうちエストロゲンはコラーゲンやセラミドの生成ともかかわっており、このホルモンの分泌量が減少するとコラーゲンの生成も低下してしまいます。

 

更年期に肌の乾燥や肌荒れといった症状がよく見られるのもそのためです。

 

ストレス解消や規則正しい生活、月経周期が乱れがちな場合には大豆イソフラボンなどエストロゲンと似た働きを持つ成分を摂取するといった工夫を取り入れてみるとよいでしょう。

 

ほかでは睡眠環境を充実させて質のよい睡眠をとれるよう心がける、あとちょっと対策として適していないかもしれませんが、恋をするなどしてドキドキ・ワクワクする機会を作ると女性ホルモンが増えると言いますから、精神的にもハリのある生活を心がけてみるとよいかもしれません。

 

コラーゲンは肌に浸透しない?

コラーゲンの浸透力を上げる方法

コラーゲンをスキンケアやエイジングケアに役立てていくうえで最大のテーマとなるのが浸透性です。コラーゲン配合の化粧品で毎日肌に補っているつもりでもじつは浸透していないので十分な効果が得られていない、というケースも多いのです。

サイズが大きいとうまく通れずに奥まで浸透しにくい

コラーゲンの肌への浸透

保湿成分としてだけでなく肌のハリを改善する働きもあるコラーゲン。しかしこの成分には分子量が大きいという大きな問題点があります。

 

肌に塗付した有効成分は角質層に浸透していくわけですが、その際には角質細胞が層を作って並んでいる隙間を通って浸透していく形になっています。

 

ですから分子量、つまりサイズが大きいと隙間をうまく通れずに奥まで浸透しにくいのです。コラーゲンをそのまま肌に塗付してもほとんど浸透しない、という意見もあるほどです。

 

ですからコラーゲン化粧品を選び、使っていく際にはコラーゲンの肌への浸透を意識しておかなければなりません。浸透しやすい化粧品とそうでない化粧品では同じ配合量でも効果に大きな差が出てくることもあるからです。

 

この問題点に関しては多くのメーカーが対策に取り組んでおり、分子量を小さくしたうえで浸透させるさせる方法を取り入れている製品が多く見られます。

 

コラーゲンはたんぱく質が結合してできた成分で、通常では分子量が30万程度となっているのですが、これを2000〜3000程度まで小さくすることで浸透性を高めています。

 

100分の1以下にまで小さくしているわけです。こうしたサイズが小さくされたコラーゲンをナノコラーゲンと呼ぶこともあります。

分子量を小さくすることで浸透力アップ

コラーゲンの肌への浸透

また、さらに浸透性を高めるため、極小のカプセルに配合した製品もあります。

 

カプセルで確実に角質層の奥まで届けることができるうえ、他の有効成分と一緒に配合して届けたり、あえて時間をかけてカプセルから成分が放出させる形にすることで持続性を高めている製品もあります。

 

なお、分子量を小さくするだけでなく、サイズを調節したうえで異なるサイズのコラーゲンを配合した製品も見られます。

 

サイズが小さいコラーゲンは奥まで浸透し、大きいコラーゲンは表皮近くにとどまって水分を保ちながら潤いをもたらす。コラーゲンの保湿効果に着目した処方です。こうした工夫も意識してみるとよいかもしれません。

 

このように浸透しやすく工夫されたコラーゲン化粧品を選ぶことが重要です。

 

どうしてもコラーゲンの含有量や、他の有効成分との組み合わせに意識が向いてしまいがちですが、しっかり浸透しなければ効果は期待できないことを頭に入れたうえで製品をチェックしていきたいところです。
口コミと効果で選んだコラーゲン化粧品人気ランキング>>

年齢肌が気になったら使ってみたいコラーゲン化粧品

スキンケア ジェル NMバランス
ニッピコラーゲン

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
たっぷり2週間お試し2,829円相当→1,100円・税込(初めての方限定!)
更に詳しく見てみる!>>

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

5000万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,180円→3,850円・税込 ※初めての方限定
定期コース初回2,090円・税込
更に詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲンを足すだけでなく作る力も育てる!美容のプロが選んだ無添加美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター(化粧水)3000円付)
更に詳しく見てみる!>>