保湿と乾燥Q&A記事一覧

スキンケアの最大のポイントは乾燥対策にあるといってもよいでしょう。とくにエイジングケアは乾燥がもたらすシワ、シミ、たるみといったトラブルをいかに防ぎ、改善していくことができるかにかかっているといっても過言ではありません。そんな厄介な乾燥ですが、どうして乾燥してしまうのでしょうか?乾燥の対策としては保湿だけに留まらず保水力の機能を改善することも求められるその原因を知ることは適切な対策を行っていく上で...

スキンケアについて語られる際にはよく「乾燥肌・敏感肌」とまとめて表現されることも少なくありません。とくにエイジングケアではその傾向が強く、似たような肌質として扱われている傾向が見られます。それもこの2つの肌質には共通している部分が多く、また密接なかかわりがあるからです。敏感肌の根本的な原因として乾燥が挙げられる。乾燥肌は敏感肌に進行するリスクが大きい簡単に言ってしまえば敏感肌とは乾燥肌が加速・悪化...

セラミドはスキンケア、とりわけエイジングケアにおいてもっとも重要な成分といってもよいでしょう。セラミドはバリア機能の維持にも深く関わっており、不足すると外的ダメージを受けやすくなる保湿成分の代表格であるとともに、バリア機能の維持にも深く関わっているため、不足すると紫外線のダメージなどでシワ、たるみ、シミなどの原因を作ってしまいます。このセラミドは細胞間脂質の一種です。細胞間脂質とはその名前のとおり...

保湿対策をテーマにした話題では必ずといっていいほど「ヒアルロン酸をしっかり補うようにしましょう」という表現が出てきます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在し、安全性が高く、肌質に関係なく活用できる保湿成分セラミド、コラーゲンとともに3大保湿成分と呼ばれることも多い成分ですが、具体的にはどのような成分なのでしょうか?具体的に言うとムコ多糖類に分類される物質で、人間の体内にもともと存在しています。スキン...

目元はとくに乾燥しやすい部分です。皮膚が薄いうえに皮脂の分泌量が少なく、しかも外気や紫外線に晒されやすいといった条件が揃っているのでどんどん水分が失われてしまうからです。目元の皮膚は他の顔の部分に比べて薄く、保湿成分の量も少なく乾燥しやすいそれだけに年齢を重ねた肌には目元専用のアイテムで集中的なケアが必要になってくることもあります。そんな目元化粧品もさまざまなメーカーから発売されるようになっていま...

スキンケア、とりわけエイジングケアでは保湿が重要とよく言われます。その一方で保水効果をセールスポイントにしたスキンケア製品も売られています。肌の乾燥はさまざまなトラブルの原因となりますし、それを防ぐためにも水分を補うのが重要だということは理解できるのですが、では保湿と保水は何が違うのか?スキンケアを行っていく上でこの違いがどんな意味を持つのか、わかりづらい部分もあります。保湿は水分を補いつつ角質層...

保湿対策は年齢を重ねれば重ねるほど重要性がアップします。肌の保湿力が低下するため水分が失われやすく、しっかりと保湿を行わないと乾燥だけでなくバリア機能の低下も進んで肌が敏感な状態になってしまうからです。オールインワンは摩擦による刺激を最小限に抑えられるので乾燥肌に向いているそれだけにオールインワン化粧品で保湿をしっかり行うことができるのか、と不安に感じてしまうのも無理はありません。1本でひと通りの...

保湿対策は世代に関わりなくスキンケアに欠かせないポイントです。十分に潤っているように見える20代の肌でも生活環境やスキンケア環境によっては肌の内面の角質層が乾燥してしまっていることもありますし、早い場合には20代後半から老化による乾燥がじわじわとはじまっていきます。一方40代、50代ともなれば乾燥はかなり進行しておりそれがシワ、たるみ、シミといったトラブルの原因となってしまいます。20代は保湿で補...

混合肌はTゾーンは脂っぽく、目元や口元は乾燥している点が大きな特徴です。そのためケアが難しく、油分を補えば脂っぽい部分にテカリや毛穴詰まりが発生し、それを避けようとすると乾燥した部分をうまくケアできないといった中途半端な状態になってしまいがちです。それだけにケア方法や化粧品選びには十分に注意したいところです。混合肌の保湿対策の基本はクレンジングと洗顔をやり過ぎないことそんな混合肌でも基本は保湿です...

乾燥肌の方は化粧水や美容液だけでなくファンデーション選びにも気をつけたいところです。ベースメイクはしっかり肌に気をつけながら行っているのにファンデーションの段階で肌に負担をかけてトラブルの原因を作ってしまうケースも多いからです。乾燥肌のファンデーション選びでは肌への負担が少なく落としやすいものを選ぶそんな乾燥肌の人が気をつけたいファンデーション選びでは大きく2つのポイントがあります。まずは肌に負担...

コラーゲンとはたんぱく質の一種、体内でもっとも多く含まれているたんぱく質であり、全体の3分の1を占めています。さらに肌のハリと深くかかわる真皮層では7割を占めているため、肌の環境に非常に深いかかわりを持っています。コラーゲンとは水分とバリア機能を維持する成分広い意味でのコラーゲンの役割は細胞を結びつけ、肌はもちろん骨や軟骨、筋肉の働きを正常に保つことです。よく関節痛対策にコラーゲンが役立つといわれ...

紫外線ケアといえばエイジングケアだけにとどまらずあらゆる年代におけるスキンケアの最重要ポイントの一つです。若い頃は日焼けをしてもすぐに元に戻りますし、シミなどの跡も残りにくいものですが、若い頃に浴びていた紫外線のダメージが老化が始まる30代以降になってからジワジワと影響を及ぼすことも多いのです。バリア機能の低下が紫外線ダメージを強めてしまうそんな紫外線ケアでは日焼け止めによるUVカットがまず第一の...

保湿ケアの選択肢として注目を集める機会が増えているのがクリームです。化粧水、美容液の効果を高めるだけでなく、プラスアルファで有効成分を補うことで相乗効果も期待できる点が魅力です。保湿クリームで相性がいい成分はセラミドでは保湿ケア目的でクリームを選ぶ場合にはどんな成分がおすすめなのか?筆頭はセラミドです。そもそも保湿ケアの選択肢として注目を集めるようになった背景にはこのセラミドが油溶性で油分と相性が...

クリームや化粧水、さらには洗顔でも保湿ケアができるようになりましたが、やはりメインは美容液。保湿に役立つ有効成分をしっかりと補うことで肌の乾燥を根本から改善していくことが保湿ケアでもっとも重要な部分です。保湿美容液では3大保湿成分が欠かせないチェックしたい配合成分はやはり角質層で水分を抱え込んでいるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3大保湿成分です。角質層ではこの3つの成分が角質細胞同士の間に存...

ニキビ肌は皮脂や角質で毛穴が詰まってしまっている状態なので保湿なんてとんでもない、ますます油っぽい状態にしてアクネ菌の繁殖を促す環境を作ってしまうんじゃないか?そんな不安を感じている方も多いはずです。この点は半分正しく、半分誤っており、必ずしもニキビ肌に保湿は不要というわけではなく、肌の状態によってはむしろ保湿を行わないといつまで経っても改善されないケースもあります。大人ニキビは乾燥が原因の場合も...