コラーゲンの分子量、小さいと何がどういいの?

コラーゲンといえば分子量についてよく話題になります。とくにスキンケア製品ではナノ化などの技術で分子量を小さくして配合されたものが多く、その効果で浸透性がアップした点がアピールされているのです。

コラーゲンは分子量の問題を抱えており、そのままだと吸収しにくく思うような効果が得られない

コラーゲンの分子量

ではこのコラーゲンの分子量とはいったいどのようなものなのでしょうか?小さくすることでどのような影響が出てくるのでしょうか?

 

スキンケア製品でコラーゲンを摂取した場合、表皮から角質層へと浸透していくことになります。

 

この角質層では無数の角質細胞が並びながら層をなす構造となっており、その間にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、天然保湿因子(NMF)といった成分が存在し、角質細胞を結びつけながら水分を保ったり紫外線をはじめとした外部からの刺激から肌を守っているのです。

 

ですからスキンケア製品で補う有効成分の分子量が大きいとこの角質細胞と角質細胞の間にうまく浸透することができず、跳ね返されてしまうような状態になるのです。

 

コラーゲンはヒアルロン酸とともにこの分子量の問題を抱えており、角質層のすみずみにまで浸透させたいと思ったら分子量を小さくして角質細胞の間にうまく浸透していける環境を作る必要があるわけです。

美容と健康両面にコラーゲンを役立てたい場合は分子量にも着目し効率よく摂取できる環境づくりを

コラーゲンの分子量

一方、サプリメントや食事で体内に取り入れる際にはどのように体内に吸収されるかが重要なポイントです。

 

いくら栄養分を摂取しても体内に吸収されなければ意味がないからですが、コラーゲンの分子量が大きいと吸収しにくく、また時間がかかってしまいます。

 

分子量の大きさがどれだけ影響を及ぼすかについては専門的な研究も行われており、コラーゲンの分子量が5000程度の場合に比べて300程度の場合のほうが血中の濃度が高い、つまり多くのコラーゲンが吸収されていたという結果が出ています。

 

分子量が大きいほど吸収に時間がかかるだけでなく吸収そのものがうまくいかなくなってしまうわけです。

 

コラーゲンの通常の分子量は300000といわれており、製品化の場合には先述のようにかなり小さな分子量にした状態で配合されています。

 

またそれがスキンケア製品やサプリメントで摂取する上での最大のメリットともなっています。

 

わざわざサプリメントを買わなくても食事で摂取すれば大丈夫、と考えている方も多いかもしれませんが、こうした点で大きな差が出てしまうことがあるのです。

 

こうした分子量をめぐるポイントを見るとコラーゲンが抱えている問題点が見えてきます。

 

美容・健康両面にこの成分を役立てていく場合には分子量にもチェックした上でできるだけ効率よく摂取していける環境づくりが求められるでしょう。

口コミと効果で選んだコラーゲン化粧品人気ランキング

年齢肌が気になったら使ってみたいコラーゲン化粧品

スキンケア ジェル NMバランス
ニッピコラーゲン

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
たっぷり2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込(初めての方限定!)
>>公式HPで詳しく見てみる!

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定
定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲンを足すだけでなく作る力も育てる!美容のプロが選んだ無添加美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター(化粧水)3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ラメラエッセンスC

ラメラエッセンスC

角質層に直接生コラーゲンを注入!400万本突破の大人気コラーゲン美容液
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

関連ページ

コラーゲンってどんなもの
そもそもコラーゲンとはどんなものでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンと肌にはどんな関係があるの
コラーゲンと肌にはどんな関係があるのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲン商品の原料とは
コラーゲン商品の原料とは何なのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンの過不足と病気
コラーゲンの過不足でかかりやすい病気はあるのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンに副作用はある?
コラーゲンに副作用はあるのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
ビタミンC | コラーゲンと相性のいい成分
ビタミンCはコラーゲンにどのような効果をもたらすのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
ヒアルロン酸 | コラーゲンと相性のいい成分
ヒアルロン酸はコラーゲンにどのような効果をもたらすのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コンドロイチン・グルコサミン | コラーゲンと相性のいい成分
コンドロイチンやグルコサミンはコラーゲンにどのような効果をもたらすのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
カルシウム | コラーゲンと相性のいい成分
カルシウムはコラーゲンにどのような効果をもたらすのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
上手なコラーゲン化粧品の選び方
コラーゲン化粧品を選ぶ時に気を付けたいことはなんなのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンサプリと併用したら、効果は倍増する?
コラーゲン化粧品とサプリを一緒に使用すれば、効果は高まるのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンが含まれる食べ物にはどんなものがある?
コラーゲンが含まれる食べ物にはどんなものがあるでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンの吸収率
吸収率を高めるコラーゲンの摂り方や工夫ってなんなのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲン・ゼラチンの違い
コラーゲンとゼラチンって何が違うのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンの生成
コラーゲンを体内で生成するためにはどうしたらいいのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンが不足すると
コラーゲンが不足すると体や肌はどうなるのでしょうか? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
コラーゲンと紫外線・糖化
コラーゲンはどのように作られるのでしょうか。またコラーゲンと紫外線の関係、コラーゲンが分解されてしまう原因の1つ・糖化とは? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。
体内でのコラーゲンの作り方
体内で水あkらコラーゲンを作るにはどうしたらいいのでしょうか。コラーゲン生成に必要な成分とは? コラーゲンにまつわる疑問をQ&Aでご紹介します。