コラーゲンQ&A記事一覧

美容成分として知られるコラーゲン。最近では関節痛対策をはじめ広く健康に役立つ成分としても注目を集めるようになっています。しかし決して新しい成分ではなく、もともとわたしたちの体内に存在している成分です。コラーゲンは体内のタンパク質の30%を占めているコラーゲンとは簡単に言えばたんぱく質の一種。体内にはおよそ10万種類ともいわれるたんぱく質が存在していますが、その中でももっとも多く、全体の30パーセン...

コラーゲンがスキンケア製品によく使用されている背景には肌に対してさまざまな効果を発揮する点が理由として挙げられます。コラーゲンは肌の中で保湿成分セラミドをサポートする肌との関係ではまず角質層において保湿効果として役立つ点でしょう。加齢によって乾燥が加速していく理由の一つがコラーゲンをはじめセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が角質層から失われていくことなのです。保湿成分としては細胞間脂質のセラミ...

スキンケア製品やサプリメントなどコラーゲンを配合した美容・健康関連の製品が多数市場で売られています。どれもみな「コラーゲン」という名称が使用されているわけですが、実際には原料によって特徴が異なっており、それが製品の価格や効果とも深く関わっています。コラーゲン商品の原料には動物由来と魚由来の2種類があるコラーゲン商品は大きく動物由来と魚由来の2種類に分けることができます。原料となる生き物からコラーゲ...

保湿効果やターンオーバーの改善、肌のハリ・弾力の向上といった効果で知られるコラーゲンですが、肌だけでなく体全体に存在しており、健康上にさまざまな影響を与えています。そのため加齢によってコラーゲンが減少すると肌トラブルだけでなくさまざまな病気を引き起こすこともあります。コラーゲンが不足して特に注意が必要なのは、骨粗鬆症と変形関節症高齢化を迎えた現代社会で注意が必要なのが骨粗しょう症と変形関節症です。...

コラーゲンはもともと体内に存在している成分です。それも肌だけでなく筋肉や軟骨、骨など全身のさまざまな部位に存在しているため、安全性が非常に高い成分とされており、サプリメントやスキンケア製品において広く使用されています。ただ、100パーセント安全というわけではなく、ごく稀にですが副作用が生じることもあります。コラーゲンサプリの過剰摂取で疱疹ができることもあるよく見られるのが疱疹です。コラーゲンサプリ...

コラーゲンともっとも相性のいい成分といえばやはりビタミンCです。この2つの成分をどれだけうまく活用できるかがスキンケアの鍵を握るといっても過言ではありません。ビタミンCはコラーゲン生成サポート効果があるまずビタミンCには優れた抗酸化作用が備わっています。老化の原因となる活性酸素を除去する効果によって若々しい肌を維持する効果が得られます。コラーゲンは30歳前後を境に老化の影響で減少していきますから、...

ヒアルロン酸といえばスキンケア製品でコラーゲンと一緒に配合されていることが多い成分の代表格です。似た効果を備えているだけでなく相性もよく、併せて摂取することで相乗効果も期待できます。ヒアルロン酸は抜群の保湿効果で水分の減少を防止する最大のポイントは保湿効果でしょう。年齢を重ねると気になるようになる肌の乾燥。その原因はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった角質層に含まれている保湿成分の減少にあり...

コラーゲンが美容だけでなく広く健康に効果を発揮する点が注目されていますが、そんな健康対策の際に合わせて摂取すると相性のよさを発揮する成分がコンドロイチンとグルコサミンです。とくに高齢者の関節痛対策に優れた効果が期待できるため、高齢化社会が進行している今後の社会でますます重要さを高めていくといわれています。コンドロイチンとグルコサミンは2つとも関節の軟骨の材料になる成分コンドロイチンとグルコサミンと...

コラーゲンと相性のよい成分として忘れてはならないのがカルシウムです。ビタミンCなどに比べるとあまり注目されることがないコラーゲンとカルシウムとの相性ですが、お互いを補い合うことで健康な体作りに役立てることができます。とくに中高年の女性にとっては骨粗しょう症の予防に重要となる組み合わせです。カルシウムだけでは骨は作れなず、コラーゲンがサポートする必要があるカルシウムは骨の原材料として広く知られていま...

コラーゲンはさまざまな化粧品に配合されています。スキンケアの基本ともいえる保湿や肌のハリの改善に重要な役割を担っている成分のため、乾燥肌向けからエイジングケアまで欠かせない存在となっているからです。しかしコラーゲンが配合されている化粧品でもその種類や処方に違いがあるため、それをよく見極めることが上手な選び方の基本となります。コラーゲン化粧品を選ぶ時のポイントでまず注目するのは浸透性まずコラーゲンの...

コラーゲンサプリと併用すると相乗効果が期待できる化粧品やサプリもあります。せっかくコラーゲンサプリを使用するならスキンケア全般でその効果を最大限に得られる工夫をしていきたいところです。ビタミンCサプリとビタミンC誘導体入りの化粧品とコラーゲン化粧品の相性は優れているもっとも相性が良いのがビタミンCのサプリメントとビタミンC誘導体が配合された化粧品です。ビタミンCは体内でコラーゲンの生成を促す作用が...

コラーゲンはサプリメントやスキンケア製品だけでなく日々の食生活においても摂取していくことが可能です。もともとこの成分は美容だけでなく健康に欠かせない成分ですし、高齢化社会の進行に伴い関節痛対策への効能も注目を集めていますから、食べ物でもうまく補っていきたいところです。海洋性より動物性の食べ物からの方が摂取しやすいコラーゲンとはたんぱく質の一種ですから、基本的には動物性の食材に含まれています。大きく...

コラーゲンを摂取する場合には吸収率が重要なポイントになるとよく言われます。コラーゲンは摂取から30分〜1時間程度の間が最大のピークである食事やサプリメントで摂取する場合はそもそも体内に吸収されなければ意味がありませんし、もともと分子量が大きく体内に吸収されにくい点もよく知られています。それだけに摂取する際にはいかに吸収率を高めることができるか、を意識しておく必要があるのです。まず摂取するタイミング...

ゼリーなどでおなじみのゼラチン、お菓子作りが好きな方にとってはおなじみですが、じつはこれはコラーゲンから抽出されたものです。ゼラチンはコラーゲンと水が溶け合わさった状態。ゼラチンでコラーゲンを摂取することはできるが…コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、これを長時間水と一緒に加熱することでうまく溶け合わさるようになります。このコラーゲンと水が溶けあわさった状態がゼラチンなのです。あの独特のプルプルし...

コラーゲンといえば分子量についてよく話題になります。とくにスキンケア製品ではナノ化などの技術で分子量を小さくして配合されたものが多く、その効果で浸透性がアップした点がアピールされているのです。コラーゲンは分子量の問題を抱えており、そのままだと吸収しにくく思うような効果が得られないではこのコラーゲンの分子量とはいったいどのようなものなのでしょうか?小さくすることでどのような影響が出てくるのでしょうか...

美容・健康でコラーゲンをうまく活かしていく上で非常に大きな問題となるのが「補うだけでは十分ではない」点です。加齢で減少していくコラーゲンは補うだけでなく体内での生成を促すケアも欠かせないスキンケア製品やサプリメントで補っていくことももちろん重要なのですが、この成分は補うだけではなく増やすことも同じくらい重要だと考えられています。そもそもコラーゲンは体内に存在しているばかりか、体内に存在するたんぱく...

コラーゲンが不足するとどのような影響が生じるのか?全身に存在している成分であるため不足は美容だけでなく体全体の健康にも影響を与えるコラーゲンを補うとどんな効果が得られるのか、についてはスキンケア製品やサプリメントでよく見かけますが、不足した場合の影響に関してはあまりよく知られていない面もあります。何しろ全身に存在している成分ですから、不足は美容だけでなく体全体の健康にも及ぶのです。美容ではまず肌の...

コラーゲンといえばスキンケアやサプリメントなどで補うことが多い美容成分の代表格ですが、もともと体内に存在している成分でもあります。しかも体内に含まれているたんぱく質の中でももっとも含有量が多く、皮膚はもちろんのこと筋肉や腱、関節など前身のあちこちにあり、健康を維持するために重要な役割を担っています。コラーゲン生成細胞の働きが低下するのが原因こうした体内に含まれているコラーゲンは外から補われるだけで...

加齢とともに減少していくコラーゲン。それがシワやたるみ、乾燥といった肌トラブルの大きな要因となるだけにエイジングケアにおける重要なポイントです。老化が深くかかわっているだけに現象を完全に減らすことはできませんが、老化を防ぎながら体内でコラーゲンを増やすための対策を取り入れていくことでエイジングケアの効果を大幅に高めていくことも可能です。原料となるたんぱく質やアミノ酸が摂れる食事をそんな体内でコラー...

コラーゲンをスキンケアやエイジングケアに役立てていくうえで最大のテーマとなるのが浸透性です。コラーゲン配合の化粧品で毎日肌に補っているつもりでもじつは浸透していないので十分な効果が得られていない、というケースも多いのです。コラーゲンのサイズが大きいと隙間をうまく通れずに奥まで浸透しにくい保湿成分としてだけでなく肌のハリを改善する働きもあるコラーゲン。しかしこの成分には分子量が大きいという大きな問題...