コスメルジュ編集部おすすめのコラーゲン化粧品!

コラーゲン化粧品

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ美容液

リペアジェル

美容のプロが選ぶ美容液第1位に選ばれた無添加エイジング美容液がリソウのリペアジェル

 

コラーゲンを加えるのではなく、自らコラーゲンを作り出す力を引き出してくれるのが最大の特徴です。

 

1滴の水もくわえていない美容成分100%だけあってかなり濃厚ですが、肌に載せるとホンノリと温かく感じて浸透してくれます。

 

@コスメの口コミでも若い人よりも肌の衰えが顕著になる40代、50代の人からの評価が高い美容液ですが、確かに使い続けるうちにしぼんできた肌がピンとするような感じがしました。肌が元気になってくる感じ。

 

保湿力がかなり高く、無添加・低刺激なので40代・50代の乾燥肌・敏感肌の方に特におすすめです。
>>公式HPで詳しく見てみる!

生とナノの二つのコラーゲン配合の美容クリーム

スキンケアジェル NMバランス

累計600万本以上!コラーゲン配合化粧品のロングセラー商品が、コラーゲン原料国内シェアNo.1のニッピの生コラーゲン入りクリーム、スキンケア ジェル NMバランス

 

通常のコラーゲンの2倍の保湿力を持つ生コラーゲンと、角層まで浸透するナノコラーゲンをW配合しているのでお肌の内と外から長時間の潤いを可能にしています。

 

実際に使ってみて感じたのがブースターとしても非常に優秀だということ!ゴワついた肌をふんわりと柔らかくしてくれるのでその後の化粧品の入りがまるで違ってきました。
>>公式HPで詳しく見てみる!

ハリに効果的な7つのコラーゲン配合のオールインワン

パーフェクトワン モイスチャージェル

ハリ不足を改善する7種類のコラーゲン(リフティングコラーゲン)を配合した日本で一番売れているオールインワンパーフェクトワン モイスチャージェル

 

肌表面から角層まで7つのコラーゲンがそれぞれ肌の必要な部分に働きかけてふっくらとしたハリを生んでくれます。

 

半透明なぷるぷるとしたジェルで、思ったより軽いテクスチャー。オールインワンでここまでみずみずしいジェルも珍しいと思いました。

 

個人的にはジャータイプよりポンプ式のボトルタイプのものが使いやすいのですが、オールインワンにしては保湿力も高いし頬にハリも出てきたので大満足。

 

特にコラーゲンが減少してたるみが出てきている人にオススメだと思いました。
>>公式HPで詳しく見てみる!

コスメルジュ編集部が選んだおすすめコラーゲン化粧品

スキンケア ジェル NMバランス 編集部オススメ!

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合

50代基礎化粧品おすすめフェイスクリーム

透明でプルプルしたゲルで、冷蔵保存なので肌につけるとひんやりと気持ちいい!(笑)体温で溶けるように肌に染み込んで、もっちりと内側から押し返すようなハリが実感できました。…2週間のお試しを使ったのですが使い切る頃にはハリだけでなく肌のトーンも明るくなってきた感じがします…

600万本突破!コラーゲン原料国内シェアNo.1のニッピの美容クリームがリニューアル!通常のコラーゲンに比べて2倍の潤いを保つ生コラーゲン、肌の奥まで浸透して内側から潤いを満たすナノコラーゲンに加えて医療用コラーゲン、メディコラーゲンを新配合。潤いに加え、シミ・くすみの原因となる活性酸素まで取り除いてくれるのが大きな特徴です。コラーゲンの減少による肌トラブルに悩む50代におすすめのクリームです。
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPへニッピコラーゲン

パーフェクトワン モイスチャージェル 編集部オススメ!

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

べたつかず、肌なじみがとても良いオールインワンですね。すぐに浸透するので化粧が浮いてしまうこともなく、以前使った他メーカーさんに比べて使い心地が格段に良いです。時間がない朝に大変重宝しています。「保湿=べたつく」「べたつかない=すぐ乾く」という私のオールインワンの印象を変えてくれました。時間が経っても乾燥しないし、使うほどに肌の質が良くなってきている感じがあります。

7種類ものコラーゲンを贅沢に配合した日本で最も売れているオールインワン。パーフェクトワン独自の7種類の複合型リフティングコラーゲンにヒアルロン酸やセラミド、和漢植物エキスなど40種類の美肌成分も配合されているので潤いとハリの悩みを同時に解決してくれるのが大きな特徴です。ハリ・潤いに重点に置いた「モイスチャージェル」と、ハリ・潤いに加えシミ・ソバカスの悩みにも対応した「薬用ホワイトニングジェル」が選べるのも魅力です。
お試し1か月3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)税別
コラーゲン化粧品アンケート

リソウ リペアジェル 編集部オススメ!

コラーゲンを足すだけでなく作る力も育てる!美容のプロが選んだ無添加美容液

リペアジェル

100%美容成分だけで出来てるせいかかなりとろっとした粘度が。大丈夫?浸透する?と思いきやほんのり温かくなってグングン肌に入っていきます。2週間のお試しを使ってシミが消えたとかは無いですが肌がふっくらとしてくすみも取れて来ている感じがします。疲れた肌が元気になってきている感じがします。

美容のプロが選ぶ美容液第1位に選ばれた100%美容成分だけで出来た無添加エイジングケア美容液。コラーゲンの生成を促す独自の生命体成分「ビタミンC生命体」と「コメ発酵生命体」を配合、自らコラーゲンを作り出す力を引き出してくれる働きがあります。1滴の水も加えない100%オーガニックの植物由来の美容成分だけで出来ているので敏感肌の方にもおすすめです。
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター(化粧水)3000円付)
公式HPへ

ラメラエッセンスC

角質層に直接生コラーゲンを注入!400万本突破の大人気コラーゲン美容液

ラメラエッセンスC

ほうれい線が気になっていた時にTVのCMを見て購入。1か月で使い切らないといけなかったり、冷蔵庫で保管と多少面倒ですが、それだけの効果がありました!しみこませている間にもお肌がもっちりと変化するのがわかりましたし、1週間くらい使ってたら肌に艶も出てきて、ふっくらしてきたせいかほうれい線も薄くなってきています…

世界初のフェース生コラーゲン配合の美容液。フェース生コラーゲンにヒアルロン酸やエラスチンを加えることでより美容効果を格段にアップ!肌と同じ成分のみを配合しているため、こうした成分が肌に入り肌の一部となるため効果が実感しやすいのも特徴です。コラーゲン配合の化粧品をいろいろ試したけどイマイチ効果を実感しきれないという方に。
※フェース生コラーゲン:一般的なコラーゲンに比べて600倍の保水力を持つ生コラーゲン
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式HPへ

資生堂 エリクシールシュペリエル

うるツヤ肌をつくるコラーゲン!ハリ不足が気になりだした30〜40代の化粧品

資生堂 エリクシールシュペリエル

ものすごく浸透が良いし、資生堂さんって乳化技術がすごいんですよね。乳液も驚くほどなじみがいいし、上に乗っかっているカンジがないです。べたつきゼロ!でも、ちゃんと肌がしっとりするし、プリプリになるしで感激。

資生堂の新しいエイジングケア化粧品のトライアルセット。30代後半から40代の肌質にターゲットをあてた化粧品で、特に肌のハリとツヤを保つためのコラーゲンを配合しているのが特徴です。通常肌質に合わせて3タイプが選べますが、お試しでもサラッとした感触で素早く馴染むさっぱりタイプと、瑞々しさを保ちながらじっくり染み込むしっとりタイプが選べます。
1,080円・税込(化粧水30ml・乳液18ml・美容乳液5ml)
コラーゲン化粧品アンケート

アスタリフト ベーシックライン

コエンザイムQ10の1000倍!アスタキサンチンとコラーゲンで本格エイジング

アスタリフト 

松田聖子さんが大好きで購入。フルラインで使うとすごい浸透力で、ベタつく事もなく翌朝はプルプルのお肌に!特に一番気になったのは「ジェリーアクアリスタ」。これを使う使わないでその後の化粧品の浸透力が全然違います。これだけでも欲しいなぁ〜と思いました。

富士フイルムの技術により有効成分をさらに効果的に得られるよう作られた化粧品。衰えてきた肌細胞を活性化させてくれる抗酸化成分アスタキサンチンと3種類のコラーゲンを配合。角質層までしっかりと潤いが届きハリのある肌へと改善してくれる特徴があります。本格的なエイジングケアをラインで揃えたいという方におすすめです。
1000円・税別(ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
コラーゲン化粧品アンケート

天使のララ ファーストセラム

愛用者55万人以上!化粧品の効果を飛躍的に高める高純度コラーゲン導入美容液

天使のララ ファーストセラム

このセラムだけでもその後の化粧品がいらない位十分潤います。潤いが長く続いてくれるので夕方になっても肌が疲れていません…弾むような弾力やハリ感も少しずつだけど出てきて、いつものスキンケアのはずなのに、ワンランク上のスキンケアを使ってるようにさせてくれるのがスゴイです。

洗顔後のスキンケアの効果を高めてくれる高純度コラーゲン配合の導入美容液。セラミドと高純度コラーゲンが固くごわついた年齢肌を潤し、柔らかくほぐすことでその後の美容成分の浸透力を飛躍的に高めてくれるのが特徴です。これまでの化粧品が浸透しにくくなってきた、化粧水・美容液をいろいろ試してみてもイマイチ効果が実感できなくなってきたと感じている40代以降のお肌におすすめです。
4,860円・税込/定期初回980円・税込/30日間返金保証付

※掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

ニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ 35歳 乾燥肌

1. その時のアナタの肌の状態と悩み

20代の頃はぷるんぷるんに弾んでいた頬も、30代に入ったとたんに押しても跳ね返すことなくしぼんだ肌になってしまいました。とにかくしぼんだ肌のせいで、薄幸そうに見えるし、何より小じわが際立って目立つようになったことが嫌でした。

 

2. その化粧品を選んだ理由は?

美容フリークの友人は毎日欠かさずコラーゲンを摂取していて、外からも内からもコラーゲンは絶対補わないと、というのをいつも聞かされていました。実際彼女の肌は同い年とは思えないくらいプルプルしていて、それなら私もコラーゲンをメインとしたコスメを選ぼうと思いました。ニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファはその商品名の通りコラーゲンがメインのコスメですから、これでだめならコスメでコラーゲンを補うのは諦めようと思いました。

 

3. 最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)は?

コラーゲンってフカヒレとか、すっぽんとかのイメージで、とにかくちゅるんとしているんだろうな!って思いながら手に取ってみました。実際、とろんとしたまさにコラーゲン!という感触。使った初日はちょっと浸透しづらいかなって思いました。多分肌がごわつきすぎて、入りづらかったのだと思います。

 

4. どんな風に使ったか?また工夫した点

洗顔後すぐに、ブースター的に使いました。このニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファの実力を知りたかったので、あえてその後のスキンケアはなにも変えませんでした。安物の化粧水がしっかりと浸透していつもよりモチモチ感が増したように思えました。

 

5. 効果(改善された点)と良くなかった点(改善して欲しい点)

使い始めこそは浸透力が少々不満でしたが、一週間経つ頃には、慣れてきたこともあり肌が吸うように浸透するスピードがアップしました。肌が柔らかくなって、有効成分がしっかり通るようになってきたのかなと思います。スキンケアに一つ足しただけなのに、肌の弾力も変わり、大満足です。

 

6. 今後使ってみたいコラーゲン配合化粧品とその理由

ドラッグストアに行くと、コラーゲンの文字ばかりが目に飛び込んでくるのですが、コラーゲンって実は処方や浸透技術にこだわっていないと思っているほど浸透しないのだそうです。なのでそういった技術などにこだわったコラーゲン配合化粧品を探してみたいです。

ニッピコラーゲンの公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

コラーゲン配合化粧品のメリット・デメリット

コラーゲンは保湿効果と肌のハリを改善する効果を備えているため、スキンケアで非常に重要な役割を担っています。とくにエイジングケアではいかにこの成分をうまく補うことができるかが鍵になるといっても過言ではないでしょう。なぜなら30歳前後から体内に含まれるコラーゲンが減少していくからです。

コラーゲンの分子量がメリットにもデメリットにもなる

コラーゲン化粧品

そんなコラーゲンを効率よく補うことができるのがコラーゲン配合化粧品です。ただ市場に売られているコラーゲン配合化粧品にはメリット・デメリットがあるのでそれをよく見極めたうえで選ぶことが大事です。

 

まずよく見ておきたいのが分子量。これはコラーゲンの特徴でもありデメリットでもあるのですが、もともと分子量が大きく、肌に塗布しても浸透しにくいのです。そこで各メーカーではナノ化や加水分解などの技術によって分子量を小さくして浸透性を向上させる工夫を行っています。

 

また、サイズの異なる複数のコラーゲンを併せて配合することで角質層の隅々に浸透し、留まりながら最大限の効果を引き出すよう目指した製品もあります。こうした製品ごとの工夫やこだわりを見ておきましょう。

コラーゲンの種類によって効果も異なる

ヒップケアクリーム

それからコラーゲンの種類。サイズだけでなくコラーゲンの種類によっても効果が異なってきます。たとえば生コラーゲンは一般のコラーゲンに比べて2〜3倍もの保湿力を備えているといいます。

 

この生コラーゲンは肌に浸透しにくいためこれまでスキンケア製品ではあまり使用されてきませんでしたが、技術の進歩によって配合に成功した製品も出てきました。保湿効果を重視している方は頭に入れておくとよいでしょう。

 

もうひとつ、併せて配合されている他の成分も重要なポイントです。とくにハリ・弾力の改善を目指す場合にはコラーゲンを直接補うよりも体内でコラーゲンの生成を促す成分を補った方が高い効果が期待できるといわれます。

 

ビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンと相性の良い成分がどれだけ配合されているか確認しておきましょう。こうしたコラーゲン配合化粧品のメリット・デメリットや製品ごとの特徴を踏まえたうえで選べば自分に最適な製品で効果的なスキンケアを行っていくことができるはずです。
参照:コラーゲン配合オールインワン化粧品

保湿対策にコラーゲンが欠かせない理由

コラーゲンは美容におけるもっとも重要なキーワードといってもよいでしょう。若々しい肌の維持からシワ、しみといった肌トラブルの予防・改善まで。スキンケア対策はこのコラーゲンによる保湿にかかっているといっても過言ではないでしょう。

コラーゲンは肌の水分と弾力を維持

コラーゲン

コラーゲンはもともと肌に存在しているもの。というより肌を構成する重要な役割を担っています。肌だけでなく、骨や軟骨、目の水晶体・角膜などに含まれており、体を構成するタンパク質のうち、じつに30パーセントを占めています。とくに肌の場合、角質層の下にある真皮層に存在しています。

 

このコラーゲンが水分を維持し、肌の十分な弾力を維持する役割を果たしているのです。また、真皮層においてターンオーバーを維持する役割も持っています。ですからつねに新しい肌が再生し、若々しい肌を維持するのに欠かせないのです。

 

しかしこの成分は加齢によって含有量が減っていきます。20才頃をピークに減少を始めるといわれており、20代後半〜30代前半になるとその影響が肌にあらわれやすくなるといいます。それがいわゆる「お肌の曲がり角」となるわけです。

コラーゲンが不足するとさまざまな肌トラブルが・・

コラーゲン

成分が減少することで肌が乾燥し、カサカサしたりシワができたり、毛穴の開きやたるみが目立つようになったり・・・さまざまな問題が生じます。

 

またターンオーバーの乱れによってメラニン色素が正常に排出されにくくなり、色素沈着によるしみの原因にもなります。

 

それだけに、コラーゲンの補給による保湿がスキンケアでは不可欠なのです。乾燥した肌を保湿し、ターンオーバーを正常化させる。スキンケア製品やサプリメントにこの成分が多く配合されているのも肌の若々しさを維持するのに欠かせないからなのです。

 

結局、美肌にどれがいい?コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの違い

美容成分として真っ先に挙げられるコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド。スキンケア製品、とくにエイジングケア製品のほとんどにこの3つの成分が配合されていることからもその重要性が窺えます。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドはそれぞれ異なる構造で成り立つ成分

ただその一方でまとめて扱われることも多いためそれぞれの区別や違いがあいまいになってしまっている面があるのも事実。

 

よりきめ細かな美肌対策を行っていく場合にはそれぞれの違いを踏まえたうえでどういった形でどれだけ補っていくのかを検討していくことも大事です。

 

まず基本的な違いとしてコラーゲンはたんぱく質、セラミドは細胞間脂質、ヒアルロン酸はムコ多糖類という種類の違いがあります。そもそもまったく異なる構造で成り立っている成分なのです。

 

一緒にされることが多いのは角質層で水分を保つ保湿成分として重要な役割を担っているからで、併せて補うと乾燥とバリア機能の改善に役立ちます。

 

コラーゲンの特徴は角質層で保湿を担うだけでなく真皮層で肌を支えてハリを保つ役割も担っている点です。

 

真皮層の7割ほどはコラーゲンで成り立っているほどで、繊維状のコラーゲンが網の目のように張り巡らされる形で全体が支えられてハリを保っています。

 

ですから乾燥やバリア機能の低下だけでなくシワやたるみといったトラブルを改善したい場合にはもっとも重要な成分のひとつとなるわけです。

どれが一番いい、と言う結論はなく、どれも重要な成分

ただし、スキンケアで直接皮膚にコラーゲンを補っても真皮層にまでは浸透しないため、体内でコラーゲンの生成を促すケアが必要になります。

 

セラミドは細胞間脂質、角質層に無数に存在している角質細胞を結びつけてきちんと並んで形成されている構造を維持する働きを担っています。

 

そのためセラミドが不足すると角質細胞同士の結びつきにゆるみが生じてしまいその隙間から水分が蒸発したり、紫外線が奥にまで入り込んでしまうといった問題が起こります。

 

バリア機能と非常に密接にかかわる成分でもあります。なお、油溶性の成分なので乳液やクリームで補うと相性がよく、これらのアイテムに配合される機会が増えています。

 

ヒアルロン酸の特徴は非常に優れた保水力。わずか1グラムのヒアルロン酸で6リットルもの水分を抱えこめるほどの保水力を備えています。

 

この成分が角質層にあることで水分が蒸発して逃げ出さずに保持することができるのです。ですから乾燥に非常に深くかかわっている成分といえます。

 

このようにどれが一番いい、という結論は難しくどれも重要という答になります。強いて言うならハリの改善にはコラーゲン、バリア機能の改善ならセラミド、乾燥対策ならヒアルロン酸という位置づけになるでしょうか。

 

自分が抱えているトラブルに合わせて重視する成分を決めてみるとよいかもしれません。

更新履歴